自分が守りたい、たった一人のために

仕事

仕事って基本的にお客様がいて成り立つもの。
お客様にサービスを提供して対価を頂くもの。
その中で、自分がやりたいことができればなおよいですね。
でも、そんなに甘くはない。
自分のやりたいことができず、毎日の生活の為に仕方なく、
仕事をしている方のほうが多いのではないでしょうか。

そのうち、何のため仕事をしているんだろうと考えるようになり、
家族のため?ご飯をたべるため?遊ぶため?
生活の為に仕方なく仕事をする、という感じになります。

でも人はその中でやりがいを見つけて頑張ろうとしていると思います。
この仕事を達成したら、喜んでくれる人が増えると。

人生の大半は仕事ですね。
仕事で生きがいを見つけることは本当に大切。
僕は会社を起こして、友人から大切な言葉を頂きました。

「まずは自分が一番助けたいと思う、この世でたった一人のお客様を探しましょう」

その言葉を聞いて、私は架空の人ですが、思い浮かびました。
その人の笑顔が見たい。喜んでいる姿を見たい。

そこから自分の仕事に対する軸がぶれることは少なくなりました。
これが生きがいだなと。

結局、人は人と繋がりあうことで幸せを感じるんだなと。
仕事はそのコミュニケーションツールなんだと。
その結果、対価として生活ができていると。

自分が大切にしたいたった一人のお客様像を描いてみませんか。

関連記事

カテゴリ

最近の記事

  1. ハッタツキャンプ

  2. ゆとり

  3. 先延ばし癖