ミッション

生きづらさをなくし、自己実現できる社会を

小学生の頃からプログラミングを勉強していました。将来はプログラミングで様々なサービスを世に出したい。
学生の頃、思い続けていました。大学では経営学も学び、期待に胸を膨らませていました。
社会人になって、会社員となり、仕事を始めると少しずつ自分の中で違和感を感じてきました。
想像していた社会ではない。社会というのは、何故、こうも生きづらいのか。
自分の意思を曲げてまで、周りに合わせる。やってみたいことを抑えて、普通でいることを強いられる。
上手く人と付き合えない。自分は何をしたらよいのかわからない。
そして、仕事やプライベート何もかもうまくいかなくなった。
自分を支えようとしてくれていた大切な人にすら、うまく付き合うことができなくなっていた。
そして、周囲との関わりに問題が生じ、うつ病を発症した。
そして、その原因が発達障害であることが分かった。
発達障害のせいで、これまでの人生うまくいかなかったのか。
発達障害のせいで大切な人を失ってしまったのか。どうすればよいか分からず、毎日涙が止まらなかった。

その後入院。入院していた時、小学生の頃の夢を思い出した。
雇用されることだけが、生きていくための手段ではない。障害を持ちながらも、起業だってできるはず。
発達障害の診断が逆に起爆剤となった。
小さいころから思い続けていたプログラミングで起業に踏み切ることにしました。
事業を通して、メンタル不調に関連するサービスを開発したい、
自分と同じように社会で生きづらさを抱えている人々の自己実現のお手伝いをしたい。

この動き出す気持ち。この気持ちを忘れないためにも、START&ACTIONという
社名を付けました。

 

その昔、私を支えようとしてくれていた大切な人たちに対して
自分自身の特性が理解できずこじれてしまった人間関係を、
このお仕事を通じて、いつの日か分かち合える日が来ればと願ってます。

落ちることができたから這い上がれる!

代表取締役 堤周平

ビジョン

短期ビジョン

発達障害で生きづらさを抱えている人々に必要とされる組織になる

私や当事者の方たちの体験談や事例、現状を発信していきます。
また、発達障害、メンタル不調に理解のあるパートナー様と一緒に会社としてのノウハウをつくりあげてきます。
プログラミングを通して会社の基盤を整えていきます。

中長期ビジョン

発達障害、二次障害で苦しんでいる人々をサポートして、自己実現のお手伝いができるサービスを提供する

就労移行、就労継続などお仕事が円滑に進むことができるようにサポートをしていきます。
また、日常生活においても人間関係やライフプランについてサポートして、一人ひとりがなりたい自分になる
自己実現のお手伝いをしていきます。
二次障害のうつ病などを予防する施策も行っていきます。

 

バリュー

特性を理解し、活かし、分かち合う

メンタルヘルス×IT

IT技術を使い、生きづらさ解消と自己実現のお手伝いを行います