ライフハック 発達障害

ペース配分の設定方法/発達障害

ペース配分を考えるために、大切になるのは、ゴールの設定です。ゴールのないマラソンだとペース配分を考えようがないですよね。どこかにゴールを定めて、ペース配分なり、スケジュールを考えていきます。ここは、山場を迎える前だからペースを落としておこうとか、ここは周りもペースが速くなるので私

ライフハック 発達障害

集中力がない/発達障害・ADHD

発達障害・ADHDは、多動性、不注意の特性により、長時間集中できない、マルチタスクが苦手です。これは、脳の司令塔である前頭前野の情報が容量オーバーが原因で集中力が維持できなかったり、多動性が生じして、感情コントロールができなくなるためです。他に、聴覚過敏で周りの音や状況に敏感で、

メンタルケア 生き方 生活

コロナに罹って思うこと

事務所に向かっている時、違和感を感じた。喉が痛くて、寒気がする。疲れが溜まっているだけかなと思い、そのまま行き先に向かった。仕事をしている時も、寒気と闘いながらの作業だった。真夏なのに、ジャケットを来て丁度いい。鈍感なのか、この時もまだ気づいていなかった…。帰宅

ハッタツキャンプ

ハッタツキャンプ

日常生活。朝起きて、朝食を食べながら仕事開始。お昼休み、少し仮眠をとり、仕事再開。気づけば周りは暗くなり、夕食を食べ、寝る。お休みの日は、行きつけのカフェに行き、読書。最近では人と会うことも減ってしまい、ネットで会話をすることが多くなった。大人になると、新しい発見や刺激

ゆとり

ゆとり

会社員時代、周りと合わせながら、そして競い合い、消耗しきっていた。自分は何をしたいのか?ずっと、探し回っていた。そんなものだから、人間関係もうまくいかない。上辺だけの付き合い。一時の幸せだけを求めていた。結局、探し回った結果、そこには答えはなかった。おまけに、周りには誰もいなく

ライフハック

先延ばし癖

発達障害、ADHDをお持ちの方は「先延ばし癖」の傾向があります。私もとても自覚しています。目の前の利益や快を優先してしまうため、大切なことに着手できないのです。先延ばしをすることで、自分自身にも後々影響が出てきますし、目の前の、もしくは遠い将来のお客様に幸せを届けること

仕事

自分が守りたい、たった一人のために

仕事って基本的にお客様がいて成り立つもの。お客様にサービスを提供して対価を頂くもの。その中で、自分がやりたいことができればなおよいですね。でも、そんなに甘くはない。自分のやりたいことができず、毎日の生活の為に仕方なく、仕事をしている方のほうが多いのではないでしょうか。そ

ライフハック

多動性から得られたもの

発達障害、ADHDの特性の一つに多動性があると言われている。興味のあるところに飛びつく。周りから見ると、危なっかしいし、一緒にいても落ち着かない。でも、当の本人は、いろんな経験をしているし、動きながら、自分を検証していってる。その結果、自分にとって必要なことと、必要ではないこと

発達障害

発達障害の二次障害

発達障害で生きづらさを抱えると、仕事やプライベートも円滑に進むことが難しくなってきます。最初のうちは、自分のだめなところ、改善しなきゃって思って、色々試します。しかし、一人でそれをやっていると、忘れていたり、やり方が分からなかったりなどで、うまく改善できないことの方が多いです。

リリース

藤原雪 OFFICIAL SITE 公開

藤原雪さんのHP制作いたしました。スタッフさんの細かい拘りにお応えすべく、できる限りのことをさせていただきました。雪さんのお写真もとても綺麗で、写真を全面に出した構成になっています。https://fujiwarayuki.com